フランチャイズとはどんなシステムか?

フランチャイズでは譲り受けたノウハウへのロイヤリティを支払う

フランチャイズというのは、その傘下に入った加盟店が、店の看板を掲げて商品を販売したりサービスを提供する権利、事業を展開するノウハウなどを本部から譲り受けて、それについての対価をロイヤリティとして支払うシステムのことです。フランチャイズの本部では、随時、提携してくれる新たな加盟店を募集していて、仕入れから商品開発、販売、集客の方法までビジネスに必要なノウハウをパッケージ化して、合理的に短期間で成果が出るようにして提供しています。フランチャイズのメリットは、すでに成功例が出ているため、後続の加盟店はそれをモデルケースとして事業展開すればよく、事業計画が立てやすいということがあります。そして、金融機関から融資を受けやすくなるという有利さも加わってくるようです。

成功例をモデルにしての事業展開を試みる

フランチャイズの有利な点は、ブランド力が利用できるというところにもあります。特に集客において、その力が発揮されます。店をオープンする前から楽しみにしていたという声があったりします。また、確かにフランチャイズの加盟店は高い成功率を誇っています。しかし、その成功例は新たにオープンする店舗の立地条件や見込める顧客数、スタッフの経験の度合いなど、事業を進める上で必要な要素をきちんと把握したうえでの話であるのを忘れてはいけません。高い成功率をさらに高めるようなファクターなどがあれば有利な事業展開が期待できますが、不利な条件ばかりが揃っているのに無理に開業してしまうと、思わぬ展開が待ち受けているかもしれません。いくらデータの上で高い成功率が示されているといっても、数字はあくまで参考資料に留めておくべきでしょう。